安心できる銀行カードローンの選択

同じ銀行カードローンを利用するのであれば、心から安心できる銀行カードローンを提供している金融機関を選ぶ方が、間違いなく理にかなっています。これを心がければ、サービスに対して満足できる結果に繋がっていきます。

では、安心できる銀行カードローンを選択するためには、どういう点を頭に入れておくと良いでしょうか。

ここでチェックをしたいのは、銀行で働くスタッフの対応です。対面での対応はもちろんのこと、電話でコミュニケーションを取る際の態度についても、よくチェックするようにします。

電話ですと相手の顔は見えないのですが、きちんと対応しているのかどうかについては、確実に分かるようになっています。

言葉遣いはもちろんのこと、こちら側の意図を理解した上で対応しているかという点が見えてくるものです。もし意図を確実に理解してくれるような対応ですとそれだけ嬉しいのは、言うまでもありません。次に、対面での対応に関するチェックです。対面の場合、相手の表情まできちんと見えるのがポイントです。

スタッフが明るい声でテキパキと対応して下されば、それに対して嬉しくなります。

しかし、それとは逆に、どこかくらい印象を受けるような対応になれば、満足できないどころか、安心してサービスを利用できるには至らないものです。こういった点をチェックしてみると、どの銀行が心から安心して利用するに相応しいか、自分なりに見えてくるものがあると言っても、決して過言ではありません。

銀行カードローンの金利の見方

銀行カードローンを利用する際には、金利が発生します。無料金利キャンペーンの期間中などは話が別ですが、それ以外の場合は金利の負担を避けることができません。

また、同じサービスを利用するのであれば、やはり金利が安い方が良いのは、当然のことです。

ここでは、銀行カードローンの金利に関してどのように捉えていけば良いかについてお話します。金利を把握する時は、月利と年利という2つの観点からチェックしてみるのが最もおすすめです。

月利は言葉からも理解できるように、一か月あたりどれだけの金利が発生するかについて具体的な数値で表記されています。もし月利1パーセントという条件で月に100万円の融資を受けた場合、一か月あたり1万円の金利が発生することになります。

同じ金利で50万円の融資の場合は月に5万円の金利になります。では、月利だけ知れば良いのかと言えば、そうとも限りません。年利という観点からもチェックすることで、より具体的に金利について知る機会になるのです。

月利1パーセントは年利に換算すれば12パーセントになります。先述の条件と同じく、月に100万円をで融資を受けた場合、年間で12パーセント、つまり12万円の金利という計算になります。銀行カードローンの場合、利用金額が余程小さくない限りは、完済までに時間がかかってしまうのは予想できます。

だからこそ、長い目で考えた時に金利がどれぐらい発生するのかについて前もってシミュレーションをしておくことが大切になるのです。

必要書類の準備

必要書類を準備することは、銀行カードローンの審査を受けるにあたっては大切なことです。書類によって本人確認をするという目的もあるし、場合によっては年収を証明することにもなります。

最近では本人確認に関しては厳格になっている傾向にありますが、これは金融機関側がより安全性を重視していることにもなります。

では、必要書類に関しては、どんな書類を準備すれば良いでしょうか。

まず、身分を証明するプロセスが必須になります。このプロセスを経ることで、それこそ第三者が銀行カードローンに申し込むといったトラブルを事前に防げるのです。

身分を証明することを目的とした書類としては、運転免許証、パスポートなどが挙げられます。なお、これらの書類を保持していない場合は、健康保険証やマイナンバーカードなどの書類でも大丈夫です。ただし、気をつけておかないといけない点があります。

それは、クレジットカードや銀行のキャッシュカードに関しては、本人確認書類として認めてもらえないということです。いずれのカードも顔写真はおろか、住所の記載もないという理由で認められないのです。次に、収入を証明する書類が必要になることもあります。

これに関しては、融資希望金額がある程度高額になる場合に求められます。

いくらぐらいから必要になるかについては、銀行カードローンを提供している金融機関によって異なりますが、大抵の場合は200万円以上で求められることが多いと言われています。

銀行カードローン申込の流れ

金銭的に厳しくて困っている時、精神的に焦りを感じてしまうものです。しかし、だからと言って焦りに惑わされてしまい、銀行カードローンの申し込みの流れすらチェックしないのは、賢明とは言えません。

これでは実際の申し込みの時に困惑してしまうのも無理はありません。

それよりも、一体どういう流れで銀行カードローンに申し込みをすれば良いのかについて、前もって知っておく方が確実です。では、基本的な流れは一体いかなるものなのでしょうか。

まず、色々な銀行カードローンの情報について調べます。どんな特徴のサービスを扱っているのかについてはもちろんですが、そのサービスを利用する上での条件として満たさなければいけない点についてもチェックが必要です。

もし条件を把握できていないと、申し込むことができないのに申し込んでしまい、時間や労力が無駄になってしまうからです。もちろんですが、サービスを利用するのにどれだけの金利が発生するのかについても、きちんと調べるようにしておきたいものです。

申し込むべき金融機関について調べたら、次は簡易審査への申し込みです。簡易審査で問題なければ、次はいよいよ本審査となります。この本審査を受ける前に、必要な書類を準備しておくのがおすすめです。

そうすることによって申し込みそのものもスムーズに進むので、金融機関側としても自分側としても非常に助かります。

そして審査の結果問題なければ、そこで初めて融資を受けることになります。

絶対に厳守したい返済

返済をスムーズに行うことは、銀行カードローンの利用において外すことのできない、非常に大切な項目です。この点をきちんと意識することで、金融機関との関係を上手く構築していくことも可能になります。

また、返済はいかなる場合でも厳守するように心掛けたいものです。では、一体なぜそのように言えるのでしょうか。

まず、返済期日を守って返済をすることで、正しい金銭管理ができるようになります。これが非常に大切なのですが、返済期日に対してルーズになっていると、銀行カードローンの支払い以外に対してもどこかだらしなくなってしまうものです。

これでは銀行からの信頼を得ることはできません。それどころか、「この人は本当に大丈夫か」とあらぬ心配をされてしまいます。一度返済に遅れてしまうと、信頼を失うどころか、信用情報機関に登録される情報についても、何かしらの形で悪影響を及ぼすことになります。

もしこのような状況を招いてしまうと、将来的に何か他のローンを利用したいと思っている時に、審査に通らないことにもなりかねません。
つまり、延滞をすることによって何かしらの不利益を被るのは、あくまでも自分であるということを肝に銘じておかないといけません。

もし返済日を厳守するようになれば、それがプラスの実績となっていきます。そして確実に実績を積み重ねていくように努力をしていけば、増額を希望する時にも有利になります。一回や二回の返済では大きな実績にはならない分、積み重ねることが何より大切です。


このページの先頭へ戻る